仕事のゲンバ:道の駅あきた港(秋田市) 海の玄関口、魅力磨く

会員向け記事
お気に入りに登録

地元の特産品など約5千種類が並ぶ物産館「セリオンガーデン」

 地上100メートルの展望台からは、眼下の秋田市街や遠方の山並み、男鹿半島、そして広大な日本海を一望できる。古くから海上の要所として栄えた秋田市土崎港の秋田港。そこにそびえ立つのが、ポートタワー・セリオン(143メートル)だ。このシンボルを含む周辺施設を擁するのが「道の駅あきた港」。世界的な旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」による道の駅ランキングで上位に選出されるなど、近年業績を伸ばし、市民や観光客に親しまれている。

 セリオン1階にある約450平方メートルの物産館「セリオンガーデン」には、きりたんぽやいぶりがっこ、稲庭うどんといった本県を代表する特産品、地酒や菓子など約5千種類が並ぶ。県内道の駅では最大規模の品ぞろえだ。商品の陳列はジャンルごとに細かく区分。客層の中心を占める年配者が手に取りやすいよう、多くの商品を腰ほどの高さの台に平積みしている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 2278 文字 / 残り 1896 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース