県の施策「若者働く場」最低評価 農業、教育は高評価

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県が2020年度県民意識調査の回答を基に、主要施策の満足度(5点満点)を算出したところ、「若者にとって魅力的な働く場の確保」が1・97点にとどまり、34項目の中で最も低かった。同項目は昨年度も満足度が最低だった。県政の重要課題について問う質問でも「若者に魅力的な働く場の確保」を選んだ人が最も多かった。人口減少が進む中、若者の定着を図るための対策が急務となっている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 994 文字 / 残り 808 文字)

秋田の最新ニュース