シラタマノキの実鈴なり、栗駒山麓 木道改修、歩きやすく

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木道沿いに群生するシラタマノキ
木道沿いに群生するシラタマノキ

 秋田県東成瀬村の栗駒山麓にあるシラタマノキ湿原に、ツツジ科の常緑小低木「シラタマノキ」の実が実っている。今年は6年ぶりに同湿原の木道が改修され歩きやすくなった。山麓一帯の紅葉が見頃を迎える中、草紅葉の中で鈴なりに実る白い実が訪れた人の目を楽しませている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 370 文字 / 残り 242 文字)

イベントニュース