秋田からも撤回と理由開示求める声 学術会議任命拒否問題

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
日本学術会議の建物(資料写真)
日本学術会議の建物(資料写真)

 日本科学者会議秋田県支部(山元正継事務局長)は12日、日本学術会議が推薦した新会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題を巡り、任命拒否の撤回と理由開示を求める声明を発表した。同日、菅首相や各政党などに声明文を送付した。

 声明では「任命拒否は、日本学術会議の独立性と自律性を脅かし、学問の自由を国家権力が侵害するもの」と指摘。6人が政権に批判的な意見の持ち主だとする報道が出ていることに触れ、それが拒否理由であれば「学問の自由と同時に、思想・信条の自由も侵害されたと言える」とした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 293 文字 / 残り 50 文字)

秋田の最新ニュース