秋商、西目に敗れV6ならず 高校サッカー、4強出そろう

会員向け記事
お気に入りに登録
【秋田西―新屋】後半39分、新屋の佐藤琉(中央)がシュートを決める=男鹿総合運動公園陸上競技場
【秋田西―新屋】後半39分、新屋の佐藤琉(中央)がシュートを決める=男鹿総合運動公園陸上競技場

 第99回全国高校サッカー選手権秋田県大会(県サッカー協会、県高体連、ABS秋田放送主催)第4日は12日、男鹿市の男鹿総合運動公園陸上競技場とにかほ市の仁賀保グリーンフィールドで準々決勝を行い、4強が出そろった。新屋が秋田西との接戦を1―0でものにし、明桜は大館鳳鳴、秋田工は大曲工にそれぞれ快勝。5連覇中の秋田商は、西目にPK戦で敗れた。準決勝は22日に秋田市のソユースタジアムで行われる。

▽準々決勝
明桜10―0大館鳳鳴
  (3―0)
  (7―0)

新屋1―0秋田西
 (0―0)
 (1―0)
 
秋田工5―0大曲工 
  (1―0)
  (4―0)
西目 2―2秋田商
  (0―2)
  (2―0)
(PK4―2)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 643 文字 / 残り 343 文字)

秋田の最新ニュース