地方点描:三種ゴスペル[能代支局三種町駐在]

会員向け記事
お気に入りに登録

 三種町を拠点に活動する「三種ゴスペル」が今月、発足から2周年を迎えた。能代市二ツ井町出身のソウル歌手・塚本タカセさん(34)=東京都=が教え、町のイベント「サンドクラフト」やプロバスケットボール・秋田ノーザンハピネッツの試合でも歌声を響かせてきた。

 ただメンバーは今年2月以降、新型コロナウイルスの影響で集まって歌えずにいる。それでもビデオ通話で塚本さんと参加者を結び、オンラインのレッスンを毎月続けてきた。通信に時間差があるため合唱はできないが、10代から70代後半まで幅広い年代が画面越しに曲を口ずさむ。塚本さんは「みんなが歌への情熱を失わずにいてくれている」と感慨深げだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 629 文字 / 残り 339 文字)

秋田の最新ニュース