秋田犬46匹、りりしく 大仙市で保存会支部展

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田犬の体つきや顔立ちなどを審査した展覧会
秋田犬の体つきや顔立ちなどを審査した展覧会

 第96回秋田犬保存会県南支部展覧会が11日、大仙市内小友の県立農業科学館駐車場で開かれた。招待犬も含め県内外11支部から46匹が出陳され、体格や毛並みの良さを競った。同支部(濱田正巳支部長)の主催。

 審査は年齢や性別ごとに8部門で行われた。保存会審査部の審査員が、1匹ずつ体つきや顔立ち、尾がきれいに巻かれているかなどをじっくりとチェックした。最高賞に当たる特優1席には成犬雌の美杉号(出陳者=小崎恵一郎さん、宮城県支部)、成犬雄の雲海丸(同=山本陸翔さん、新潟県支部)が選ばれた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 360 文字 / 残り 118 文字)

秋田の最新ニュース