TDK、7年ぶり都市対抗野球本大会へ 投手戦制す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
優勝を決め喜びを爆発させるTDKの選手
優勝を決め喜びを爆発させるTDKの選手

 第91回都市対抗野球2次予選東北大会第7日は13日、福島市のあづま球場で決勝が行われ、秋田県第1代表のTDKがJR東日本東北(宮城第1)に延長十二回、2―0で競り勝って7年ぶりの本大会(11月22日~12月3日・東京ドーム)出場を決めた。

 決勝は投手戦となり、0―0のまま延長に突入。十二回、TDKは1死一、三塁で青木龍成が左中間に三塁打を放ち、貴重な2点を挙げた。先発小木田敦也は力のある速球を武器に、12回を散発7安打無得点に抑えた。

▽決勝

TDK
000000000002|2
000000000000|0
JR東日本東北
(延長十二回)

秋田の最新ニュース