県警ヘリ、横手市街地でクマ捜索 発見できず引き続き警戒

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
12日にクマが目撃された現場付近=13日午後3時40分ごろ、横手市婦気大堤
12日にクマが目撃された現場付近=13日午後3時40分ごろ、横手市婦気大堤

 秋田県横手市の市街地で12日にクマが目撃されたことを受け、県警は13日、ヘリを出動させるなどして付近を捜索したが、クマは見つからなかった。近くの横手南中学校は秋休み中だが、部活動を急きょ中止とした。同校は14日の登校時、教職員や横手署員が通学路で警戒に当たるとしている。

 市と横手署によると、市内では12日午後4時40分以降、JR横手駅から南西に約1キロの婦気大堤や赤坂でクマの目撃が相次いだ。クマはグランマート横手店や横手赤坂簡易郵便局などの付近道路や田んぼを移動していた。いずれも住宅地に近い。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 485 文字 / 残り 235 文字)

秋田の最新ニュース