発熱時、身近な医療機関の受診可能に 県と医師会が体制整備

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、県は県医師会と連携し、発熱症状のある患者が直接かかりつけ医など身近な医療機関で診療、検査を受けられる体制を整備する。今月中をめどに協力する医療機関を取りまとめ、運用開始は来月以降になる見込み。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 631 文字 / 残り 508 文字)

秋田の最新ニュース