人事切り離し議論、自民PT初会合 首相の援護射撃に躍起

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 日本学術会議の会員任命拒否問題を巡り、自民党は14日、学術会議の在り方を検証するプロジェクトチーム(PT)初会合を開き、批判を浴びる菅義偉首相への援護射撃に躍起となった。底流には、学術会議が軍事研究協力に「ブレーキをかけている」(自民ベテラン議員)との長年の不満もある。自民PTの議論には論点そらしを狙う菅政権の「隠蔽(いんぺい)体質」が現れているとして、野党は追及を強めた。

攻撃の矛先を別の方向に


 「機能しているのか伝わってこない」。自民PTの初会合。学術会議の在り方をただす意見が相次いだ。下村博文政調会長は冒頭、26日召集の臨時国会で任命拒否がテーマとなる状況を踏まえ「人事とは全く切り離して、党として在り方を議論する」と明言。学術会議の見直しに焦点を当てたい思惑をにじませた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1871 文字 / 残り 1528 文字)

秋田の最新ニュース