由利工、中盤の絶好機逸す 勝負どころで1本出ず…

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【由利工―東北】5回表2死一、二塁、由利工の高橋羽が右前適時打を放つ=仙台市民球場
【由利工―東北】5回表2死一、二塁、由利工の高橋羽が右前適時打を放つ=仙台市民球場

 由利工は中盤の攻防で流れを失い、3年ぶりの初戦突破はならなかった。渡辺義久監督は「勝機もあったが、チャンスを逃して逆に一気に流れを持っていかれた」と悔しがった。

 先発高瀬水楓(みなき、2年)は序盤から球がばらつき苦心の投球が続いたが、2点を失った三回以外は走者を背負っても粘った。打線は四回、高橋羽琉(2年)の内野安打などで無死満塁としたが、後続が併殺に倒れるなど絶好機を逸した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 449 文字 / 残り 258 文字)

秋田の最新ニュース