打線振るわず、守備にも乱れ 湯沢翔北はコールド喫す

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【仙台育英―湯沢翔北】8回表、失点を許し湯沢翔北の主戦佐藤創(左から2人目)の元に集まる選手=石巻市民球場
【仙台育英―湯沢翔北】8回表、失点を許し湯沢翔北の主戦佐藤創(左から2人目)の元に集まる選手=石巻市民球場

 湯沢翔北は打線が振るわず3安打。守りも乱れ、中盤まで粘りの投球を見せた佐藤創(2年)を援護できなかった。小林洋介監督は「バッテリーを中心によく頑張った中、打線の弱さが出てしまった。地力をつけないと東北では通用しないと痛感した」と振り返った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 395 文字 / 残り 274 文字)