つながる力:五城目町・馬場目ベース 多様な人が集う場に

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
閉校した小学校の校舎を活用したシェアオフィス「馬場目ベース」。町内外から多様な人が集う場になっている=五城目町馬場目
閉校した小学校の校舎を活用したシェアオフィス「馬場目ベース」。町内外から多様な人が集う場になっている=五城目町馬場目

 各地の自治体職員や地域おこしグループ、大学の研究者、海外の学生、地元の子どもたち…。壁一面に張られた写真やメモが、この場所で育まれた多様な関係性を物語る。

 2013年にオープンし、起業家が集まるシェアオフィスとして全国的に知られる五城目町地域活性化支援センター(愛称・馬場目ベース)の廊下の光景だ。

 馬場目ベースは同年3月に閉校した旧馬場目小学校の校舎を活用し、町が開設した。15年には馬場目地区のかやぶき古民家を活用した農家民宿「シェアビレッジ町村」が民間主導で始まり、県内外から人が訪れるようになった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1603 文字 / 残り 1349 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース