開設2年で10万人、トレイクかたがみ 予想上回るペース

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
くす玉を割って来館者10万人を祝ったセレモニー
くす玉を割って来館者10万人を祝ったセレモニー

 秋田県潟上市飯田川の防災・健康拠点施設「トレイクかたがみ」が累計来館者10万人を14日に達成し、記念セレモニーを行った。2018年10月のオープンから2年。今年は新型コロナウイルスの影響で来館者が減っているものの、2年間の総計では当初予想の2倍を超えるペースで来館者数が伸びており、市民の健康づくりに広く利用されている。

 セレモニーは施設の正面玄関前で行った。記念のくす玉を割り、10万人目と9万9999人目、10万1人目の来館者に記念品の血圧計などを贈呈した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 949 文字 / 残り 717 文字)

秋田の最新ニュース