秋田犬新聞:阿蘇へ旅立ったペペケオ 日本文化の伝導士に【動画】

お気に入りに登録

 秋田犬の本場・大館市から熊本・阿蘇山の麓にある日本文化体験施設に先月下旬、白毛の秋田犬「ペペケオ(雄、2カ月)」が引き取られた。育ての親のブリーダー・羽沢麻美さん(45)の犬舎=大館市比内町=を訪ね、ペペケオとの思い出を聞いた。

熊本・阿蘇山の麓で伸び伸びと暮らすペペケオ

 「日本文化の一つとして秋田犬を国内外に伝えたい」―。今年7月、熊本県阿蘇市で日本文化体験施設「鳴鳳堂阿蘇」を運営する中国人実業家・蘇慶(そけい)さん(51)から、元衆院議員の高松和夫さん(78)=大正大学客員教授=を通して大館市にこんな願いが伝えられた。市観光課は、同月23日に羽沢さんの犬舎で生まれた子犬を紹介した。

 犬舎は比内地区の中心部にある。羽沢さんは、元々秋田犬を育てていた夫との結婚を機に、5年ほど前から秋田犬の飼育に携わっている。現在は自宅の犬舎で約10匹と暮らしている。

生後間もないペペケオ(右)ときょうだいのタロ

 ペペケオは、羽沢さんが飼育する雌の白子(しらこ、3歳)が同じ日に生んだ3きょうだいのうちの1匹。7月23日は偶然にも羽沢さんの誕生日で「なんとなく、この日に生まれる予感はしていた」と笑う。

 「でも歩き始めてからの世話が本当に大変だった」

記事全文は「秋田犬新聞」のサイトでご覧ください

秋田の最新ニュース