住宅地でクマに襲われた女性死亡 藤里町

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
女性がクマに襲われた現場周辺を視察する県職員ら=7日午後2時40分ごろ、藤里町藤琴
女性がクマに襲われた現場周辺を視察する県職員ら=7日午後2時40分ごろ、藤里町藤琴

 7日に秋田県藤里町藤琴字藤琴の町道でクマに襲われ、頭蓋骨骨折などの大けがを負った同町藤琴の女性(83)が、14日午後9時45分ごろ、脳挫傷のため入院先の秋田市の病院で死亡した。県内でクマによる死者が出るのは2017年5月以来、3年5カ月ぶり。県によると記録のある1979年以降、住宅地でクマに襲われて死亡したのは初めてとみられる。

 能代署などによると、女性は7日正午ごろ、クリ拾いから自宅に戻る途中で被害に遭った。顔から血を流した状態で横たわっており、搬送時に「クマに襲われた」と話したという。現場の西側にある藤琴川河川敷やその周辺からは、クマの足跡やふんなどが見つかった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 695 文字 / 残り 407 文字)

秋田の最新ニュース