ごてんまり華やかに 由利本荘市で17日からコンクール

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
華やかな作品が並ぶ全国ごてんまりコンクール
華やかな作品が並ぶ全国ごてんまりコンクール

 第51回全国ごてんまりコンクール(秋田県由利本荘市、市観光協会主催)が17日から2日間、同市の鶴舞会館で開かれる。本県を含む18都府県の愛好家計112人が114点を出品。精巧で華やかな刺しゅうが施された力作の数々を鑑賞できる。

 展示作品は3本の房が特徴の「本荘ごてんまり」が中心。菊や桜などの花柄のほか花火や紅葉の模様の作品もあり、それぞれに出品者の個性が表れている。審査は9日に行われ、最高賞の東北経済産業局長賞には、明嵜(あきざき)万喜子さん(埼玉県)の「あじさい」が選ばれた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 502 文字 / 残り 260 文字)

秋田の最新ニュース