つながる力:にかほ市「いちじくいち」 「風の人」地域の宝に光

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
多くの人でにぎわう「いちじくいち」=2018年10月
多くの人でにぎわう「いちじくいち」=2018年10月

 にかほ市の旧小学校舎に8月下旬の夜、市民ら約20人が集まった。10月18日に開催を控えるイベント「いちじくいち」の企画について話し合うためだ。

 いちじくいちは、にかほ市で多く栽培されているイチジクの魅力を幅広く発信し、地域を元気にしようと2016年に始まり、多くの人を集める一大イベントに成長した。それが今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、例年通りの開催は不可能になった。

 旧校舎に設置された大きなスクリーンには、オンラインでつないだ藤本智士さん(46)=兵庫県西宮市=の姿があった。イベントの発案者だ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1572 文字 / 残り 1318 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース