秋田駒中腹、色づく 最近の冷え込みで一気に進む【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県仙北市の秋田駒ケ岳(1637メートル)の中腹が、紅葉で色付いている。現在は、8合目周辺から少し下った標高1100メートル付近までが見頃。16日は多くのハイカーや親子連れらが訪れ、鮮やかな風景を楽しんだ。

 市田沢湖観光情報センター・フォレイクなどによると、山頂に近い8合目周辺の紅葉はこの2、3日がピークで、これ以降はより標高の低い木々に見頃が移る。8合目登山口付近の見頃は例年10月上旬で、今年は色付きが1週間ほど遅れていたが、ここ数日の冷え込みで一気に下っているという。

紅葉が見頃を迎えている秋田駒ケ岳

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 388 文字 / 残り 148 文字)

秋田の最新ニュース