菅首相「切り札は観光、農業」 地方経済活性化図る

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
共同通信加盟社編集局長会議で講演する菅首相=16日午後、東京・東新橋
共同通信加盟社編集局長会議で講演する菅首相=16日午後、東京・東新橋

 菅義偉首相は16日、共同通信加盟社編集局長会議で講演し、インバウンド(訪日外国人)の回復と農林水産品の輸出を後押しすることで地方経済の活性化を図る考えを示した。

 「地方創生の切り札は観光と農業」と明言。観光については新型コロナウイルスの感染拡大に伴って落ち込んだインバウンドを復活させるとし、「『2030年に6千万人』の目標を掲げている。この目標に向かってさまざまな対策を年内にも取りまとめたい」と述べた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1118 文字 / 残り 914 文字)

秋田の最新ニュース