高校生の採用選考解禁、コロナで1カ月遅れ 求人倍率は高水準

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
面接試験に臨む高校生(手前)と採用担当者=秋田市のユナイテッド計画事業所
面接試験に臨む高校生(手前)と採用担当者=秋田市のユナイテッド計画事業所

 来春卒業予定の高校生を対象とした企業の採用選考が16日に解禁され、秋田県内の企業で面接や筆記試験が行われた。採用選考の解禁は新型コロナウイルスの流行に伴い1カ月遅れとなった。

 産業廃棄物処理・リサイクル業のユナイテッド計画(潟上市)は、秋田市の事業所で適性検査と小論文、面接試験を行った。試験を受けた女子生徒は「たくさん練習をしてきた。自分の力を出し切れたと思う」と話した。採用担当者は「人手不足のため採用人数を増やしたい。今後は2年生や1年生にもアピールしたい」と語った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 730 文字 / 残り 492 文字)

同じジャンルのニュース