9月の新車登録4509台 前年比13.3%減、県内

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 国土交通省東北運輸局によると、9月の秋田県内新車登録届け出台数は4509台で、前年同月より13・3%(689台)減った。前年同月を下回るのは12カ月連続となった。

 県自動車販売店協会によると、昨年10月に消費税率が8%から10%に上がった影響で、引き上げ直前の9月は駆け込み需要があり、新車登録届け出台数が伸びた。このため今年9月の台数は、前年より大幅な落ち込みになった。消費者の買い控えという新型コロナウイルスの影響は限定的だとみている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 542 文字 / 残り 321 文字)

同じジャンルのニュース