菅首相、学術会議会長と会談 対話演出も圧力維持

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
首相官邸での会談後、記者団の取材に答える菅首相(右)と日本学術会議の梶田隆章会長=16日午後
首相官邸での会談後、記者団の取材に答える菅首相(右)と日本学術会議の梶田隆章会長=16日午後

 菅義偉首相が16日、日本学術会議の梶田隆章会長と向き合い、対話自体は排除しない姿勢を演出してみせた。臨時国会での野党の追及を想定し「丁寧さ」もアピールしておいた方が得策との思惑も透ける。会員任命拒否問題の核心部分は口を閉ざし、学術会議を行政改革の対象とする政権の「圧力路線」は維持。拒否理由を問う要望書を手渡した梶田氏に明確な回答をせず、着地点が見えないままの「第1ラウンド」となった。

 「明確にどうということはない」。梶田氏は会談後、首相は拒否理由について明確に説明したのかとの記者団の質問に、こう述べるにとどめた。だが学術会議の活動には「しっかりやってください(との発言があった)」と語った。

 梶田氏は学術会議の在り方に関する説明に一定の時間を割いた。「未来志向で社会にどう貢献していくかについて主に話をした」と記者団に明かした。政権内で学術会議に国費を投じる妥当性を問う声が出ていることが念頭にあったとみられる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1316 文字 / 残り 906 文字)