苦し紛れのシュート多く ハピネッツ、連勝ストップ

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【秋田―琉球】第3クオーター、相手のプレッシャーを受けながらシュートを放つ秋田の大浦=CNAアリーナ
【秋田―琉球】第3クオーター、相手のプレッシャーを受けながらシュートを放つ秋田の大浦=CNAアリーナ

 約8カ月ぶりとなるホーム開幕戦。秋田ノーザンハピネッツは3季連続西地区首位の琉球を攻略できず、激しく守って速い攻撃を仕掛ける持ち味も出せなかった。

 コロナ禍でも2千人超のブースターが試合を見守った。前田顕蔵ヘッドコーチ(HC)は「会場は素晴らしい環境だったが、内容が伴わず残念」と悔しがった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 576 文字 / 残り 429 文字)

同じジャンルのニュース