中国、生物安全法を施行へ 感染症対策強化、問われる実効性

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
中国の国旗(ロイター=共同)
中国の国旗(ロイター=共同)

 【北京共同】中国政府は18日、国営通信の新華社を通じ、感染症の流行や生物テロを阻止するための生物安全法を来年4月15日に施行すると発表した。新型コロナウイルス感染症のような深刻な疫病の発生に素早く対処するよう定めたが、実効性が問われそうだ。

 今月17日に終了した全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会の会議で可決した。国が感染症などの報告システムを整備。医療機関などは感染症や原因不明の集団的な病気が見つかった場合はすぐに報告し、いかなる組織や個人も情報隠しをしてはならないと定めた。感染源は国が調査して判断する。