中国外務省、菅氏の真榊奉納批判 「歴史を正視し、反省を」

お気に入りに登録

 【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は18日、菅義偉首相らが靖国神社の秋季例大祭に合わせて「真榊」を奉納したことに関し「侵略の歴史を正視し、反省することを促したい」と批判する談話を発表した。

 趙氏は、靖国神社は「日本軍国主義の象徴」と指摘。奉納は「侵略の歴史に対する誤った姿勢を反映している」とした。その上で「実際の行動でアジア諸国と国際社会の信頼を得る」ことを訴えた。