日本学術会議の有識者委、政府の人事介入想定した議論はなし

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本学術会議の任命拒否で菅義偉首相が「総合的、俯瞰(ふかん)的な活動の確保」を理由に挙げたことを巡り、基になった2003年と15年の文書をまとめた政府の有識者委員会では、人事介入を想定した議論はなかったことが18日、分かった。当時の複数の委員が共同通信に証言した。

 委員から「会議の結論と、菅首相が(拒否の理由として)持ち出したことには乖離(かいり)がある」など、文書の意図とは大きな開きがあるとの指摘も出ており、人事介入の妥当性に疑問の声が強まる可能性がある。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 2131 文字 / 残り 1899 文字)

秋田の最新ニュース