知事「優しい秋田は売りになる」 県、差別解消へ条例検討

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久秋田県知事は19日、新型コロナウイルス感染症患者やLGBTなど性的少数者への偏見、差別の解消を目指す条例の制定を検討していることを明らかにした。「どんな人にとっても優しく、差別がない秋田というのは売りになる」と述べ、イメージアップによる移住促進や観光振興にもつなげたい考えだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 549 文字 / 残り 406 文字)

秋田の最新ニュース