由利鉄でイタリアンはいかが? おもちゃ列車がレストランに

有料会員向け記事
お気に入りに登録
列車内の乗客にイタリアンのコース料理が振る舞われた。中央はシェフの村上さん
列車内の乗客にイタリアンのコース料理が振る舞われた。中央はシェフの村上さん

 秋田県と由利本荘市の第三セクター・由利高原鉄道は、鳥海山ろく線(羽後本荘―矢島間23キロ)を走るおもちゃ列車を、食事が楽しめる「レストラン列車」として運行できないか検討している。今月9日には市内のイタリア料理店「アフェット」とタッグを組み、初のモニターツアーを実施。車内でコース料理を提供し、好評を得た。由利鉄はツアー内容や価格設定を精査し、商品化と誘客につなげたい考えだ。

 9日午後1時、臨時運行のおもちゃ列車は、ツアー客14人を乗せ矢島駅を出発。ほどなくして、乗客の元には前菜のスープが運ばれてきた。その後は魚料理、パスタ、メインの肉料理、デザートと続き、飲み物には矢島産のブドウを使ったワインやジュースなどを提供した。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1259 文字 / 残り 946 文字)

秋田の最新ニュース