滴:僕のこれまで(上) 人とのつながり太い子に

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
カメラに向かって笑顔を見せる1歳ごろの紘汰君
カメラに向かって笑顔を見せる1歳ごろの紘汰君

 2001年8月14日、午後5時2分。

 秋田市の病院で、一人の男の赤ちゃんが産声を上げた。出産を終えた母・菅原千秋さん(47)=潟上市、出産時は28歳=は、ほっとした。

 間もなく赤ちゃんは助産師にきれいに体を拭いてもらい、産着に包まれてやってくるだろう。長男と次男の時もそうだった。

 でも、赤ちゃんがなかなか来ない。医師や助産師が何かばたばたしている。胸騒ぎがした。

 数分後、別室から赤ちゃんを抱いた助産師と医師が出てきた。医師は「びっくりするかもしれないけど」と言い、赤ちゃんを見せた。

 ついさっき産んだばかりのわが子を見て、千秋さんは驚いた。赤ちゃんの肩から先の両腕が、なかったのだ。

 「なぜ、どうして?」

 いくら考えても、分からなかった。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1872 文字 / 残り 1550 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース