新型コロナ、県内累計59人に 秋田市の60代男性感染

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は20日、市内の自営業の60代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染者は再陽性を除いて累計59人。

 市によると、男性は18日に37・4度の発熱があり、19日には39度に上がって頭痛や喉の痛みも出たため、夜に市内の救急外来を受診した。翌20日に受診したかかりつけ医が保健所に相談し、PCR検査で感染が確認された。基礎疾患があることから、同日午後に感染症指定医療機関に入院した。入院時の熱は37度で、頭痛の症状があるという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 391 文字 / 残り 168 文字)

秋田の最新ニュース