地方点描:イベント効果[社会地域報道部]

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田市の中心市街地は今月、久しぶりのにぎわいを見せた。毎週末、飲食の出店や郷土芸能の集うイベントが開かれたからだ。この夏いずれも中止となった秋田竿燈まつりや土崎港曳山(ひきやま)まつりのおはやしが響き、屋台が並ぶ光景が見られた。

 3、4日に市の主催で行われた「秋のあきたグルメフェスタ」は、新型コロナウイルスの影響を受けた飲食店を応援する目的で開かれた。会場のエリアなかいちとJR秋田駅西口の芝生広場には、市内の計34店が並んだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 612 文字 / 残り 396 文字)

秋田の最新ニュース