秋田市の60代女性感染、前日判明した男性の妻 新型コロナ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市は21日、市内の60代自営業女性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。20日に感染が確認された60代男性の妻で濃厚接触者。県内の感染者は、再陽性を除いて累計60人となった。

 市によると、女性は夫が発熱する前日の17日まで一緒に働いていた。ここ1カ月間、夫妻とも県外への移動歴はなかったが、県外から訪れた客1人と接触があった。


 女性は21日にPCR検査を受け、陽性が判明。症状はない。きょう22日に感染症指定医療機関に入院する予定。女性と仕事で接触した2人のPCR検査をきょう22日以降に行う。

 男性と接触があった医療関係者4人と、仕事上の関係者17人のうち16人は市保健所でPCR検査を行い陰性を確認した。県外から訪れた客1人については、県外に検査を依頼している。

秋田の最新ニュース