英、「意図的感染」の試験へ ワクチン開発で、来年1月開始

お気に入りに登録

 【ロンドン共同】英政府は20日、新型コロナウイルスのワクチン開発のため、健康な人を意図的にウイルスにさらし、ワクチンの効果を確かめる「意図的感染」の臨床試験を来年1月に始める計画を発表した。5月までに結果を示す予定。研究機関は世界初の試みとしている。

 「ヒューマン・チャレンジ」と銘打った計画は、英大学インペリアル・カレッジ・ロンドンなどが実施する。安全性が証明された「ワクチン候補」を投与し、健康な少人数の成人ボランティアをウイルスにさらし、効果を確認する。使用するワクチン候補は明らかにしていない。