23日から春高バレー県予選 女子は聖霊と令和の競り合いか

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 第73回全日本バレーボール高校選手権大会(春高バレー)秋田県予選があす23日から4日間、由利本荘市のナイスアリーナで行われる。男子18、女子22チームが出場。優勝校は来年1月5日から東京体育館で開かれる全国大会に出場する。

 女子は第1シード聖霊と第2シード令和が競り合う。聖霊は藤田涼樺主将(同)とエース伊藤陽満里(同)を軸に攻守のバランスに優れる。令和はテンポのいいコンビバレーを展開。昨年優勝の秋田北、同準優勝の由利が後を追う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 421 文字 / 残り 204 文字)

秋田の最新ニュース