二人三脚で合格! 親子で秋田ふるさと検定1級

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
1級認定証と勉強に使ったテキスト、メモを手にする田口光広さん(右)と遥惺さん
1級認定証と勉強に使ったテキスト、メモを手にする田口光広さん(右)と遥惺さん

 秋田の歴史や産業、観光などの知識を問う「秋田ふるさと検定」が先月行われ、秋田市楢山南新町の会社員田口光広さん(41)と遥惺(はるせ)さん(13)=秋田南中2年=が親子で1級に合格した。13歳の1級合格は過去最年少。2人は「勉強の成果が合格という形で証明されてうれしい」と話した。

 検定の出題範囲は秋田の歴史、観光、祭り・行事、自然、生活文化、産業の6分野。2級と3級は6分野全体から満遍なく出題され、選択式が中心であるのに対し、1級は6分野から2分野を選び、より詳しい知識を問われる問題が出され、小論文形式もある。1級は今年17人が受検し、田口さん親子を含めて13人が合格した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 799 文字 / 残り 509 文字)

同じジャンルのニュース