おいしい出合い:「パティスリーハラタ」アップルパイ さくさく、程よい酸味

会員向け記事
お気に入りに登録
鹿角市産のリンゴを使った期間限定のアップルパイ
鹿角市産のリンゴを使った期間限定のアップルパイ

 潟上市天王字追分の国道7号沿いにある洋菓子店「パティスリーハラタ」は、素材の良さを生かしたケーキやパイが人気だ。焼き菓子やジャムを含め40種ほどある商品の中でも、今は12月中旬まで期間限定の「アップルパイ」(380円)が一押し。

 リンゴは鹿角市の成田果樹園から旬の「ジョナゴールド」や「ふじ」を仕入れる。スライスしたリンゴを、発酵バターを練り込んだパイ生地にのせてオーブンで焼く。仕上げにリンゴ果汁のゼリーを塗れば完成。香ばしいパイのさくさくとした食感と、リンゴの程よい酸味が楽しめる。昨年秋に初めて販売し、リピーターも現れる人気をみせた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 647 文字 / 残り 376 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース