小木田、都市対抗予選で猛アピール ドラフトへ「待つだけ」

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 社会人野球TDK(秋田県にかほ市)のエース小木田敦也(22)が、4日後の26日に迫ったドラフト会議での指名を待つ。角館高からTDK入りし4年目の本格派右腕は、今月の都市対抗2次予選東北大会(福島市)で最高殊勲選手に輝く活躍を見せ、ネット裏のスカウトに猛アピール。「あとは待つだけ」と泰然自若の構えだ。高校時代のチームメートで、東北公益文科大(山形県酒田市)入学後に遊撃手から投手に転向した赤上優人(21)=4年=もドラフト候補に挙がっており、角館高同期が同時指名されるかも注目される。

都市対抗2次予選決勝で好投する小木田。12回を完封し、チームを7年ぶりの本大会出場に導いた=13日、福島市

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1977 文字 / 残り 1734 文字)

秋田の最新ニュース