NY株反落、97ドル安 不安定な値動き

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ウォール街の標識=3月、ニューヨーク(ロイター=共同)
ウォール街の標識=3月、ニューヨーク(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】21日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前日比97・97ドル安の2万8210・82ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は31・80ポイント安の1万1484・69と反落した。

 米追加経済対策の協議を巡る思惑から不安定な値動きとなった。取引開始直後は期待感から買いが先行し、上げ幅は一時140ドルを超える場面もあった。ただ米政権側と民主党の合意は難しいとの見方も根強く、売りが優勢となった。

 銘柄別では、金融のゴールドマン・サックスの下落が目立った。動画配信のネットフリックスは7%近く下げた。