米、核禁止条約批准の撤回要求 発効控え複数国に圧力

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
核兵器禁止条約を巡る動き
核兵器禁止条約を巡る動き

 【ニューヨーク共同】核兵器の保有や使用を全面禁止する核兵器禁止条約に反対する米国が、複数の条約批准国に、批准を取り下げるよう求める書簡を送っていたことが分かった。AP通信が21日伝えた。禁止条約が発効に必要な批准数50まで、あと3カ国・地域までに迫る中、米国が批准国に圧力を加えた形だ。

 書簡では「核禁止条約を批准する国家主権は尊重するが、それは戦略的な誤りであり、批准を取り下げるべきだと考える」と強調している。