クマ目撃・食害相次ぐ 民家、児童養護施設、リンゴ畑で

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

横手の民家、女子中学生が見つける


 22日午後7時50分ごろ、横手市睦成字吉沢上台の民家敷地内に、クマ1頭がいるのをこの家に住む女子中学生が見つけた。けが人はいなかった。

 横手署によると、帰宅した中学生が玄関付近に体長約1・5メートルのクマがいるのを発見。母親が同署に通報した。クマは東側の山林に消えた。

 現場は横手高校の東約900メートルの民家が点在する地域。

児童養護施設敷地内に 北秋田


 22日午後4時40分ごろ、北秋田市七日市字中道岱の児童養護施設「陽清学園」敷地内のクリ林にクマ1頭がいるのを、50代男性職員が目撃した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 587 文字 / 残り 322 文字)

秋田の最新ニュース