滴:僕のこれまで(下) 水泳は世界広げてくれた

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北京パラリンピック金メダリストの鈴木孝幸さんから、メダルをかけてもらった紘汰さん。当時小学2年生
北京パラリンピック金メダリストの鈴木孝幸さんから、メダルをかけてもらった紘汰さん。当時小学2年生

 生まれつき両腕がない菅原紘汰さん(19)=潟上市=は、5歳から水泳を習い始めた。

 小学生になってからも週に1回、教室に通い続けた。体力づくりと、楽しみのため。だが、その思いが変わる出会いがあった。

 ◇  ◇

 小学2年の時のこと。水泳を教わっている谷内祐子コーチ(52)が立ち上げたNPO法人「障害者アクアレッスン
 ミラクルスイミー」が主催するイベントで、北京パラリンピック50メートル平泳ぎの金メダリスト・鈴木孝幸さんの指導を受けた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1865 文字 / 残り 1647 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース