自民の沖縄県議10人集団感染か 県内1人死亡、計46人陽性

お気に入りに登録

 沖縄県は23日、新型コロナウイルスに感染した90代の女性1人の死亡と46人の感染を確認したと発表した。46人には野党会派「沖縄・自民党」の県議計10人が含まれ、県はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。県内の死者は計58人、感染確認は計3091人となった。

 最初に陽性が判明した県議と共に、18~21日に与那国、石垣、宮古の各島を視察した同じ会派の議員17人が濃厚接触者とされ、うち1人は検査結果が出ていない。