参院比例の「特定枠」は合憲 最高裁が初の判断

お気に入りに登録

 政党の意向で優先的に当選できる「特定枠」を導入した昨年7月の参院比例代表選は違憲だとして、山口邦明弁護士らのグループが選挙無効を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第2小法廷は23日、「合憲」と判断し、弁護士側の上告を棄却した。請求を退けた東京高裁判決が確定した。最高裁が特定枠について判断したのは初めて。

 弁護士側は「有権者の意思と無関係に議員が選ばれているに等しい」と訴えたが、岡村和美裁判長は「政党があらかじめ名簿を届け出た上で選挙をする制度であり、投票結果によって当選者が決まるのは従来の方式と同じだ」と指摘した。