TDK・小木田ら本県関係選手に吉報届くか 26日ドラフト会議

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 プロ野球ドラフト会議が26日に迫った。秋田県関係では高校、大学生の計7人がプロ志望届を提出しているほか、社会人、独立リーグでプレーを続ける選手も吉報を待つ。

 TDK(にかほ市)の本格派右腕小木田敦也(22)=角館高出=は、今月の都市対抗2次予選東北大会で計22回1/3を投げ2失点、防御率0・80。8年ぶり優勝の立役者として最高殊勲選手に輝き、昨季まで悩まされた右肩故障からの復活を印象づけた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 843 文字 / 残り 645 文字)

秋田の最新ニュース