遠い風近い風[伊藤伸平]ノヴェッロの季節がやってきた

会員向け記事
お気に入りに登録

 以前、イタリアのウンブリアからトスカーナにかけてドライブで周遊したことがある。ウンブリアといえば聖フランシスコ会の聖地である巡礼地アッシジ、トスカーナといえばイタリアルネサンスが花開いた大人気観光都市である花の都フィレンツェや、そのフィレンツェと覇を争った芸術の町シエナなどがよく知られている。

 ドライブ旅行の時には、もちろんこうした有名な町にも立ち寄ったのだが、それ以上に心に残った情景は、丘陵地帯に続くブドウ畑や、その合間の丘の上に点在する、大都市以上に中世の歴史をしっかり感じることのできる小さな町。特にトスカーナでは地元の美味なワインを求め、キャンティ、モンテプルチャーノ、ピエンツァ、モンタルチーノ、サンジミニャーノ、グロッセートなどを訪れた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1267 文字 / 残り 939 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース