ニュースの「つぼ」:県内公立校、冷房設置加速

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
向能代小学校でエアコン設置作業を行う業者=3日
向能代小学校でエアコン設置作業を行う業者=3日

 県内の公立小中学校と高校の普通教室に、エアコン(冷房)を設置する動きが加速している。5年前は設置率が1割にも満たなかったが、2022年夏にはほぼ100%となる見通し。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて国が交付金を創設したのをきっかけに、設置を先送りしていた自治体が本腰を入れ始めたためだ。

 文部科学省は、小中高校の教室のうち、日常的に授業を行うものを普通教室、理科室や音楽室を特別教室と定義している。

 文科省の調査によると、小中学校の普通教室のエアコン設置率は今年9月1日時点で、全国平均が92・8%。2014年4月時点では32・8%にとどまっており、ここ数年で急速に進んだことが分かる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1014 文字 / 残り 718 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース