全自動PCR検査装置、県総合保健事業団に 県内初納入

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県総合保健事業団に納入された全自動PCR検査装置(PSS社提供)
県総合保健事業団に納入された全自動PCR検査装置(PSS社提供)

 秋田県は23日、新型コロナウイルス感染の有無を判定する全自動のPCR検査装置が県総合保健事業団(秋田市)に納入されたと発表した。大館市の医療用機器メーカーが装置で使う試薬製造に関わっており、県内での納入は初めて。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 455 文字 / 残り 348 文字)

秋田の最新ニュース