性的少数者巡るビラの問題点は何か、読者の反響を基にあらためて考える

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県内の一部民家に配布されたビラの表。「性的少数者の人権を脅かしかねない」との声が上がっている(画像は一部加工)
県内の一部民家に配布されたビラの表。「性的少数者の人権を脅かしかねない」との声が上がっている(画像は一部加工)

 性的少数者の人権を否定するような文言の並んだビラが先月、秋田県内の一部民家に配布されたことを13日付の本紙に掲載しました。記事に対して「このビラのどこが人権を傷つけているのか」といった批判的な声の一方、「ビラを読んで悲しい気持ちになった」などの声も寄せられました。このビラは、どのような問題をはらんでいるのか。県内の性的少数者や支援者、この問題に関心を寄せた保護者や高校生などの意見を基に、あらためて考えます。

■変わるべきは周囲の人々


 「子どもへの影響が心配」とビラに書いてあったけど、子どもの立場から言わせてもらうと現時点では全くもって、正反対の状況です。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 3143 文字 / 残り 2863 文字)

同じジャンルのニュース